自分の中のバランス探しの旅です。


by blueoceano

人間関係

母親との関係は、以前から全く変化していません。物理的な距離がある事を、いつもありがたく思っています。

この距離のおかげで、自分の中の痛みや怒り、哀しみややるせない気持ちは薄れていってくれて、時折“ああ、このままでいったらひょっとしたら母親と新しい関係が築けるのかも。。。”なんて思う事もあります。

そんな自分の気持ちをいつも気持ちよく裏切ってくれて、“やっぱりだめだ”と思い知られてくれるのも、母親なのです。

今回の出来事は、私に対するものではなくて、家族に対しての出来事でした。しかも、彼女の“お気に入り”の家族に対して当たり散らしたとの事。“お気に入り”の家族が、どうやら私の母親の思い通りに行動しなかったらしいのです。

“お気に入り”の家族から久しぶりに連絡を貰ってびっくりしていたところに、“こんな事、日本の誰にも話せないんだよ。。。聞いてくれる?”と言われてさらにびっくり。私の母親がこの家族に対して言った言葉や行動を聞いて、なんと返していいやらわかりませんでした。

私の母親、ほんまにあほやなあ。なんで自分の事を慕って信頼してくれる人にまで攻撃せなあかんのん。世界はあんたを中心に廻ってるわけやないんやってこと、いつになったらわかるのん。周りの人たちはあんたのおもちゃやあんたの言いなりになる為の道具やないってこと、いつになったら気づくのん。幸せは自分の中から探すものやで。他の人間たちから与えられるものやないねんで。かわいそうなひとやなあ。

この調子でゆくと、いつか私の母親には家族がいなくなってしまうんだろうなあと思います。それでもきっと、あのひとは自分のしている事に気づかないんだろうなあ、と。
[PR]
by blueoceano | 2008-04-06 13:06 | ひと